昭和55年発売(およそ32年前)の
ロングヒット商品。


南九州で1ヶ月に約15万個ものキングチョコを販売しています。
キングチョコは、工場のパートさんがある日クリームをサンドしたパンを近くにあった溶かしチョコレートに付けて食べたらとてもおいしかったということから誕生しました

発売当時はチョコクリームをサンドしたパンにチョココーティングしたパンがなかったためチョコレートパンの王様に育ってほしいとの思いで“キングチョコ”と名づけられました。

H23年3月には「めざましどようび」で取り上げられ、“都内の鹿児島県出身者が選ぶ地元だけ大人気グルメ”の第2位にキングチョコが選ばれその人気の高さを明確にしました。
大人気のキングチョコ、一度食べればきっとあなたもやみつきに♪