イケダパンの取り組み

小麦粉改良剤「臭素酸カリウム」による角型食パンの品質改良について

このたび当社では、食品衛生法の定める使用基準に準じて、角型食パンに小麦粉改良剤の臭素酸カリウムを使用し、更なる品質改善とおいしさの向上に取り組むことといたしました。臭素酸カリウムは食品衛生法でパンの製造のみに小麦粉改良剤として使用が認められている食品添加物です。また、使用した臭素酸カリウムについては、最終食品の完成前に分解または除去しなければならないとされており、製品中に残存しないことで使用が食品衛生法により認められています。臭素酸カリウムは、パン生地発酵の際に、パンのキメを細かく、ふっくらとソフトな品質に仕上げる役目をします。

【使用製品】

  • しっとりやわらかおいしい食パン(2020年12月1日出荷分より)

  • スナックブレッドシリーズ
    製品中央部分に使っている角型食パンに使用 (2020年8月1日出荷分より)

  • サンドイッチ製品※
    大きなサンドシリーズ、一口サンドシリーズ、ハムエッグランチ、たまごいっぱい、タマゴ&ツナサンド、サンド弁当、ミックスサンド、ミックスサラダサンド、バラエティサンド
    サンドイッチに使っている角型食パンに使用 (2020年8月1日出荷分より)
    ※ミミまでやわらかおいしい食パンサンドシリーズ、グルメサンドシリーズは除く

当社は山崎製パン株式会社の製造技術により「臭素酸カリウム」の使用を開始いたしました。臭素酸残存試験結果や品質改良効果については山崎製パンホームページをご覧ください。

山崎製パン「小麦粉改良剤「臭素酸カリウム」による角型食パンの品質改良について」